家庭教師応援サイト!カテキョCHOICE!! 家庭教師で成績UP!

家庭教師の情報を得よう

面接の時はどこに重点を置けばいい?

さて、ある程度情報収集が終わりいよいよ契約前の面接。
家庭教師との面接時は何をチェックすればいいか。

マナー・常識を忘れずにチェック

自宅に直接呼ぶのですから、まずは玄関に入るときの挨拶は基本、
威圧的な物言いとか軽すぎる言い方(タメ口)など言葉遣いにもチェックしましょう。 子どもは楽しく個性的な家庭教師を好む傾向にありますが、
妙なクセは子供にも移りやすいものです。砕けた雰囲気での授業で
勉強の能率が上がることもありますが、節度・マナーは大事にしましょう。

学習指導のノウハウチェック

勉強を教える人が勉強できないと話しになりません。
前もって経歴を書類で目を通しているとは思いますが、
本人に学歴と指導経験を尋ねましょう。
尋ね終わったら受け持ってもらうお子様の現在の成績と、
家庭教師を雇う目的と目標(○○の成績を上げたい、受験に合格させたいなど)を告げて、
勉強方法に話し合いましょう。質問に大して具体的な提案ができる家庭教師であれば、
その方は経験に基づいた教育方針と指導ノウハウを備えていると言えます。

体験授業では親も授業に立ち会って見守る

本契約ではない現段階では体験授業をやってもらうことが可能です。
担当の教師が実際に子供を指導する場に立ち会って判断をしましょう。
子どもと意思の疎通が上手にできるか、子どもにとってわかりやすく教え方かなどチェックをしましょう。
一例として、いい教師は簡単な図や身近なたとえ話を使って
説明することに長けており、指導能力が高い傾向にあります。
面談と体験授業は時間が長く取れないので面談時にする質問、
体験授業の内容などは前もって準備しておくのが好ましいでしょう。